学 習 障 害

学習障害の方は2〜3%とも5%いるとも言われています。
なんと海外では10%以上も存在していると言われています。
が・・・日本における認知度は低い為学校などでは
「へんな子」「落ち着きのない子」「親のしつけの問題?」などと、言われ・・・
適切な教育を受けられないと言うのが現状です。
海外で進んでいてLD児(学習障害児)の為の学校や、大学の受験枠があります。 日本ではまだまだ・・・そんな状況にはありません。
もっと沢山の方に認知さ海外のように理解のある制度ができればと思います。

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

>>関連ブログ紹介<<

学習障害原因   学習障害概要   発達障害.net
ADHDとは?   障害者雇用情報.com   障害者求人情報ネットワーク

2007年11月21日

学習障害を保護者にどのように伝えればよい?

担任や養護教諭から見て、学習障害やADHDではないかと思われる事例に出会った場合、早急な結論は禁物です。特に、「診断」という行為は教師だけではできません。
1 保護者への伝え方

 保護者に伝える場合は、保護者の心情に配慮しながら、子どもの状態を具体的に伝えることがよいと思います。
画像

 状態を具体的に伝えることのメリットは、二つあります。一つは、そうした状態は、家庭でも見られたり、確認したりできるので、保護者にも納得がいくからです。二つ目は、担任としても、言い放しにならず、指導の手だてを考えるきっかけとなるからです。指導の手だてもなく状態だけ伝えるのは指導者としては避けたいことです。
2 保護者と共通の認識を得る

  本人が学校と家庭で見せる状態が大きく異なる場合は、学校の様子を伝えても、理解されにくいものです。例えば、家庭では学校のような集団行動の場面はありませんから、本人のペースで行動しても問題とならないことが多いのです。また、家庭では、子どもと保護者の間に十分コミュニケーションがとれている場合でも、学校のような集団におけるコミュニケーションは困難であるという場合もあります。
 その場合は、授業参観のように学校の様子を実際に保護者にも見てもらう機会を生かしたり、個別に参観する機会を設けたりするなどして、共通の認識が得られるよう工夫する必要があります。
3 保護者が、子どもの障害を受容できない事情がある場合

 保護者が子どもの障害を受容できない事情がある場合があります。うちの子どもに限って障害があるはずがない、または、保護者の育て方が悪いという先入観で周囲から責められ、保護者が身の置き所がない辛さを感じている場合があります。
 そうした場合には、保護者の心情を十分聞くところから始める必要があります。保護者が安心して心を開くことができる関係ができた時に初めて障害についての話題が可能になります。
4 保護者と共に考える

 最近は、学習障害についての出版物も増え、講習会も各地で開催され、親の会などもできて、学習障害についての知識が得やすくなりました。
 ですから、保護者の方から、「うちの子は学習障害児ではないか」と担任に言ってくる例もあります。その場合は、保護者が学習障害児ではないかと思う理由を丁寧に聞き、学校場面での状態を説明できるようにしておくことが大切です。
 その上で、専門家への相談を勧めたり、資料等の情報提供も可能です。また、保護者の適切なかかわりにより障害の状態が目立たなくなっていたり、改善されている場合には、保護者のかかわりから多くを学び、学校における指導に生かすなど、共に育てていく姿勢が大切です。

「東京都教育委員会 」より 
詳しくはサイトトップのリンクページよりご覧下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。