学 習 障 害

学習障害の方は2〜3%とも5%いるとも言われています。
なんと海外では10%以上も存在していると言われています。
が・・・日本における認知度は低い為学校などでは
「へんな子」「落ち着きのない子」「親のしつけの問題?」などと、言われ・・・
適切な教育を受けられないと言うのが現状です。
海外で進んでいてLD児(学習障害児)の為の学校や、大学の受験枠があります。 日本ではまだまだ・・・そんな状況にはありません。
もっと沢山の方に認知さ海外のように理解のある制度ができればと思います。

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

>>関連ブログ紹介<<

学習障害原因   学習障害概要   発達障害.net
ADHDとは?   障害者雇用情報.com   障害者求人情報ネットワーク

2007年11月21日

【原因】学習障害

学習障害児はまず感覚−運動の段階で問題を持ちます。
学習障害児は不器用であったり、バランスが悪かったりします。また、感覚どうしがうまく協応できないといった問題を持ちます。
これは、「お手本どおりに文字を書く」といったことが困難になることにつながります。

知覚認知の段階では、学習障害児は視覚認知や聴覚認知などの弱さが見られます。
正確に文字や音を見分けたり、聞き分けたりすることが困難になります。
そのために、文字を読むことが困難になったり、話を聞くことが苦手になったりします。また、集中力にも問題を持つ子どもは、注意して他人の話しを聞くことなどが難しくなります。

概念形成の段階では、記憶の問題が大きくからんできます。必要な情報を必要なときに、必要な形で引き出すことが難しいのです。そのために、「これとこれは似ているから仲間で、これとは違う」といった、概念形成に必要な情報処理がうまく行えなえないのです。

このような苦手さを持つと、学校で行われる「教科学習」「読み書き算数」が困難であることは、容易に想像できます。私たちが何気なくできることは、彼らにとって、非常に難しいこともしばしばあるのです。

このほかにも、知覚情報処理の問題や集中力の問題を持ち、また、このような苦手な部分は子どもにより大きく異なるため、子ども一人一人にあった指導方法、個別教育プログラム(IEP)が必要になるのです。
posted by 学習障害 at 12:27|  学習障害原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。