学 習 障 害

学習障害の方は2〜3%とも5%いるとも言われています。
なんと海外では10%以上も存在していると言われています。
が・・・日本における認知度は低い為学校などでは
「へんな子」「落ち着きのない子」「親のしつけの問題?」などと、言われ・・・
適切な教育を受けられないと言うのが現状です。
海外で進んでいてLD児(学習障害児)の為の学校や、大学の受験枠があります。 日本ではまだまだ・・・そんな状況にはありません。
もっと沢山の方に認知さ海外のように理解のある制度ができればと思います。

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

>>関連ブログ紹介<<

学習障害原因   学習障害概要   発達障害.net
ADHDとは?   障害者雇用情報.com   障害者求人情報ネットワーク

2007年11月21日

どのように説明したらよい?

学習障害やADHDの子どもたちは、周囲から理解されにくい言動をとる場合があります。教師が仲立ちになり、周囲の子どもたちの理解を図り、学校や学級の生活に適応できるよう援助することは大切なことです。
1 発達段階に応じて、具体的な援助の仕方を指導する

 低学年では、障害の説明よりは、「○○さんはこんな気持ちなのじゃないかな」とか「こういう言い方をすれば分かってくれるよ」などと、本人の立場を代弁したり、援助の仕方を具体的に話したりすることが大切です。
 自分や相手を客観的に見ることができるようになる高学年以降では、相手の立場になって考えることや、自分の生き方の問題として考えさせるなどの指導が必要です。
2 トラブルをプラスに生かす

 学級の友達とのトラブルが起きた時などは、お互いの気持ちを伝え合うよい機会です。どのような気持ちのすれ違いから起きたのかを検証していくことにより、相手の気持ちを確かめ合うことの大切さをお互いに学習していくことになります。学習障害児の中には、対人関係でこだわりを示すこともあります。一回で指導するというより、時間をかけて指導していく根気強さが教師には求められます。
3 個性を認める学級経営

 人間は誰にも得意なこと、苦手なことがあります。
 例えば、走るのが得意な子どももいれば、計算が得意な子どももいます。また、字を書くのが苦手な子どももいれば、みんなの前で話すのが苦手な子どももいます。このように、人それぞれであることを、折に触れ説明します。

「東京都教育委員会 」より 
詳しくはサイトトップのリンクページよりご覧下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。