学 習 障 害

学習障害の方は2〜3%とも5%いるとも言われています。
なんと海外では10%以上も存在していると言われています。
が・・・日本における認知度は低い為学校などでは
「へんな子」「落ち着きのない子」「親のしつけの問題?」などと、言われ・・・
適切な教育を受けられないと言うのが現状です。
海外で進んでいてLD児(学習障害児)の為の学校や、大学の受験枠があります。 日本ではまだまだ・・・そんな状況にはありません。
もっと沢山の方に認知さ海外のように理解のある制度ができればと思います。

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

>>関連ブログ紹介<<

学習障害原因   学習障害概要   発達障害.net
ADHDとは?   障害者雇用情報.com   障害者求人情報ネットワーク

2007年11月21日

ADHDとは?

LDと密接な関係にあるのがADHDです。ADHDは「注意欠陥/多動性障害」と訳されます。読んで字の如く、「注意集中することが難しく」
多動(じっとしていられない)」という障害です。
ADHDの40%はLDを同時にもち、LDの70%はADHDを持つとも言われています。
ADHDだと、学習を行う以前の問題で、学習が可能になるような落ち着きや集中力などを身につけたり、そのような状態になれるような環境を整えることが重要になります。
ADHDにはリタリン等の向精神薬などが有効な場合もあります。
このような薬を使うことで、落ち着きが出たり、集中力が増したりします。
これらは根本的に「病気を治す」と言うことではなく、「学習ができたり、生活しやすくするためのお手伝い」としてのお薬になります。薬に関しては、これらの障害に詳しい小児科や児童精神科で医師と相談し、処方してもらうことができます。
また、教育現場では、子どもの「学習の困難さ」は、LDのためなのか、ADHDのためなのか、それとも両方のためなのか、見極める必要があります。
この点に関しても、詳しい小児科や児童精神科、神経科などを利用したり、情報交換することが重要になります。



「東京都教育委員会 」より 
詳しくはサイトトップのリンクページよりご覧下さい。
posted by 学習障害 at 12:29|  ADHDとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。