学 習 障 害

学習障害の方は2〜3%とも5%いるとも言われています。
なんと海外では10%以上も存在していると言われています。
が・・・日本における認知度は低い為学校などでは
「へんな子」「落ち着きのない子」「親のしつけの問題?」などと、言われ・・・
適切な教育を受けられないと言うのが現状です。
海外で進んでいてLD児(学習障害児)の為の学校や、大学の受験枠があります。 日本ではまだまだ・・・そんな状況にはありません。
もっと沢山の方に認知さ海外のように理解のある制度ができればと思います。

このサイトはリンクフリーです。
下からかんたんブックマークが出来ます。
RDF Site Summary
RSS 2.0

>>関連ブログ紹介<<

学習障害原因   学習障害概要   発達障害.net
ADHDとは?   障害者雇用情報.com   障害者求人情報ネットワーク

2007年11月21日

トゥレット

トゥレット障害(―しょうがい)またはトゥレット症候群は、チックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。

チックの症状は攻撃的・性的な要素を含むことが多いため、未治療の場合、患者にとって社会的な不利益を生ずることが多い。そのため、二次的に自己評価が低下したり抑うつ的になったりすることがある。

病名は初期に記載したフランスの神経内科医Georges Albert Edouard Brutus Gilles de la Tourette (1857-1904) に因んでいる。Gilles de la Tourette(ジル・ド・ラ・トゥレット)症候群とも呼ばれるが、最近は米国精神医学会 (APA) による診断基準DSM-IV-TRや国際疾病分類第10版(ICD-10)にならい、単に、トゥレット障害あるいはトゥレット症候群などと呼ばれることが多い。

「フリー百科事典ウィキペディア」出典
詳しくはリンクページからご覧下さい。
posted by 学習障害 at 12:11|  トゥレット障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。